ドイツGPツアーで注意すべき点

世界中でファンの多いF1。F1とはFormulaOneの略で、レースに参加する車のことをフォーミュラカーといい、決められた寸法や排気量などの規定に沿って製造されたレース専用の車になります。車両にはデザインや色、形において様々な種類がありますが、基本的な構造としては、剥き出しのタイヤが4つ付いているところです。フランスやドイツなど世界各国で開催されるレースのことをグランプリ、略してGPと呼び、現地で観戦する方も多く盛り上がります。日本国内でも開催され、三重県にある鈴鹿サーキット、静岡県にある富士スピードハイウェイ、栃木県にあるツインリンクもてぎでなどが有名なサーキットになります。F1を初めて観戦する方は、まず国内のサーキットで観戦することをおすすめします。交通費などの費用も国外と比較すると安く済むということと、F1がどのようなものなのか知ることに最適だからです。

F1観戦を楽しむためのポイント

F1GP観戦をより楽しむためにはどうしたらいいかをこちらで紹介していきます。まずは、出場するドライバーを知るためにも、ドライバーのトークショーに行ってみましょう。予選や決勝戦、フリー走行の合間に特設ステージで行われることが多いです。レース中にはヘルメットを被っていて顔を見ることはできないので、レースに対する意気込みや雑談を聞いて応援したいドライバーを見つけてみるのもおすすめです。エンジンの音を聞くことができるデモランや、歴代出場したF1の展示を行っているのでこちらもチェックしてみると良いでしょう。また、サーキット会場の様々な場所で、チームグッズの販売も行われているので、時間がある方は覗いてみるのもいいでしょう。フランスやドイツといった国外のレースでも、そのレースならではのイベントも行っていたりするので、事前にスケジュールを確認しておいて、有意義な時間を過ごせるようにするといいでしょう。

ドイツでのF1GP観戦での見どころとは

世界GPの中でも、ドイツGPは、近年開催されておらず、次はホッケンハイムでの開催が決定しています。ホッケンハイムはスピードが出すぎるため緒高速サーキットとも呼ばれているため、現地で観戦した時の臨場感は他のサーキットの何倍にもなります。コースレイアウトは緩急があまりない為、退屈とも言われていますが、その中での見どこころはスタート地点になります。マシンが並んだスタート前の静寂は、ドライバーはもちろんのこと観客も緊張感を持って見守ります。スタートした時に一斉に歓声を上げて応援するのは、とても楽しいものです。また、カーブは、マシンとマシンのせめぎ合いを見ることができる可能性の高い地点なので、スリルがあります。ドイツGPを観戦することが決まったら、早めにチケットを取るようにしましょう。また、飛行機のチケットや現地ホテルの予約なども忘れずにしておくことが大切です。