何故ドイツのGPが熱いのかを解説

F1などのスポーツと言えばヨーロッパがメイン舞台になっていますが、そのうちの一つであるドイツのGPは特に熱い戦いが繰り広げられる場所としても人気を誇っています。ホッケンハイムで開催されているレースは、他のサーキットと比べても高速サーキットとして知られており、フランスからイギリス、ドイツの順番に開催されるGP全てが高速サーキットであることから、真夏の高速サーキット3連戦などとも呼ばれていました。しかし、サーキット場の改修などによって現在では中速、低速サーキットとなっており、マシンの性能差というより戦略面での戦いが見られるのです。F1は熱狂的なファン以外には人気が低迷しているスポーツではありますが、モナコGPなど他のレースと一緒にF1全体を盛り上げているレースでもあります。

ドイツ人の選手が優勝できなかったことが原因

F1はヨーロッパを中心に人気があるスポーツではありますが、ドイツ国内においては人気が低迷していっています。それはひとえにドイツ人選手で優勝争いに参加できるほど強いドライバーがいなくなってしまったことが原因です。しかし、モナコGPの人気が高いようにF1自体の人気がなくなっているわけではないので、ドイツのGPも今後のことを見据えてスポンサーなどと奮闘しています。もちろん過去にはドイツ人ドライバーで優勝している方もいるので、ヒーローを待ち焦がれている状況というのが続いているわけです。ドイツでのF1人気を絶やさないためにも世界各国でドイツのGP観戦ツアーが組まれたり、現地は無料でテレビ中継がされていたりとさまざまな取り組みもあります。魅力的なGPは一度現地で観戦してみると良いでしょう。

ドイツまで行くのは観戦ツアーがお得

ドイツでF1GPが開催されているからと言って、気軽に日本からドイツまで行けるという人はそうそういないでしょう。よほど仕事に余裕があって、金銭面も潤っている方なら気にせずドイツまで行けるでしょうが、通常なら各旅行会社が提供しているツアープランを利用した方が安心できます。ツアープランと言ってもF1観戦ツアーなので、F1を見に現地へ行きたいという方にとってはとても有益なプランなのです。F1のレースというのは数日間に分けて大会が開催されているので、F1を見る日と観光に出かける日などを分けて行動することが出来ます。ドイツにも観光名所が豊富にあり、ソーセージやビールなど美味しい物もたくさんあるのでF1観戦だけでなくドイツ旅行としても楽しめるようにツアープランが組まれていることも魅力になっているでしょう。